立ち退き料を請求する

立ち退き要求は、多くのケースにおいて立ち退き料とセットで考えられます。

 

もちろん、立ち退き料0円で話し合いが決着を迎えることもありますが、現実的には貸主側の事情や理由を補うものとして立ち退き料が存在します。

 

ただし、立ち退き料には決まった額や算出方法はなく、その額はケースバイケースで決定します。

そもそも貸主側に立ち退き料を支払う義務や法律はありません。法律で定められていない以上、金額設定のルールが存在しないのです。

また、借主側にも立ち退き料を請求する権利もありません。
続きを読む →

正当な事由かを確認する

立ち退きを要求された際、次に行うべきことは正当な事由かどうかを確認することです。

 

物件の使用用途(住居か店舗かなど)を問わず、貸主側から入居者へ立ち退きを請求する場合には正当な事由が必要であることが法律で定められています。(借地借家法28条)

 

事由というのは、立ち退きを請求する理由や目的を指します。
続きを読む →

まずは契約内容を確認する

突然大家さんから立ち退き要求を受けたら・・・。

 

誰だって驚いてあたふたしてしまいます。

突然の連絡であればなおさらですよね。

 

このページでは、マンション・アパート・一軒家などのお住まい、そして飲食店・ショップ・事務所など営業や経営を行っている店舗について立ち退きを要求された場合の対処方法について解説してまいります。
続きを読む →

どうしても納得がいかない…

住み慣れた家、家族の思い出が詰まった愛着ある我が家、長年営業をしているお店、お客様に愛されやっと軌道に乗った店舗など、思い入れがたくさんありどうしても立ち退きたくない、納得がいかない、と感じる方も多いはずです。

 

立ち退きたくない!納得がいかない!という場合はどうすれば良いのでしょうか。

いくつかのケースに分けてご説明します。
続きを読む →

専門家へ法律相談をする

住居や店舗などの立ち退き要求を受けた場合、基本的には貸主と借主と直接話し合いが進められます。本人同士でそれぞれが納得すれば借主が退去し、話し合いは解決します。

 

ところが、貸主と借主だけでは話し合いが解決できないケースがあります。

主な理由は以下のとおりです。
続きを読む →